ナス|家庭菜園・プランター・ベランダ菜園でのナスの栽培方法をご紹介

野菜の育て方を探す カテゴリから探す 草花の育て方を探す

焼く、煮る、揚げるなど色んな方法で調理できる! ナス

老化を防いだり、動脈硬化の予防や癌の発生を抑える成分を含んだ野菜です。
ナス科ナス属の植物。原産はインドと言われており、もともと熱帯性の植物です。


栄養成分

94%は水分と糖質といわれるナスですが、老化を防いだり、動脈硬化の予防や
癌(がん)の発生を抑える成分を含んでいます。ビタミンやミネラル、食物繊維を
バランスよく含んだ野菜です。


おいしい食卓

マーボ−ナスにしたり、味噌汁に入れたり。揚げ浸しなどの料理があります。


栽培期間(関東標準)

  • 発芽適温(地温) 25〜30℃
  • 生育適温は20〜30℃
一番花が咲く 10日程度
実がなる 30日程度
収穫 40日程度

食べごろは10cm以上になったら食べごろです。
ひとつの株からは8〜10本ぐらい実ります。
おいしいマーボーナスなど作ってみてはいかがでしょうか?


育成手順

STEP1 用意

ナスは根が深く張る植物なので、深めの鉢
(例:10号鉢=直径約30.3cm)やプランター
(幅30cm以上のもの)を用意しましょう。

STEP2 鉢底土

プランターの底が隠れるくらいに鉢底土を入れましょう。
鉢底土は通気性、排水性を高めて根腐れを防止します。

STEP3 土

お勧めはフジミの“野菜がおいしいeco培養土”です。
有機質成分が長く効き、土を豊かに活性化し排水性と保水性に優れた自然熟成培養土です。

eco培養土を使用する場合
元肥となる肥料は必要ありません。
10日ぐらい過ぎてから肥料を施しましょう。

肥料が含まれていない土を使用する場合
あらかじめ元肥となる肥料を施しておきましょう。
“野菜がおいしいecoボカシ肥料”を入れておくことをお勧めします。
肥料成分がゆっくりと長く効くので効率よく吸収され、
ナスが甘く丈夫に育ちます。軽く一握り入れておきましょう。

ナスは酸性に弱く、土は放置しておくと酸性になってしまうので、
プランター以外の直播き等で育てる場合は、苦土石灰を撒いて
中和させておくと良いでしょう。

STEP4 苗植え

苗を逆さにして、人差し指と中指の間で株元を挟み、
ポットから取り出します。
苗を植えたら、苗の周りを土で埋めていきます。

始めよう!園芸 「苗の植え方」をマスターしよう

 

STEP5 支柱

風などで振り回されるのを防いだり、実の重みなどで
かかる枝への負荷を軽減するために支柱を立てます。
2本や3本のやり方があります。
2本ではバツ印のように、3本では立体に3本が交わる
ように立てます。

STEP6 完了、水遣り

これで植え付けは完了です。
たっぷりと水をあげましょう。

STEP7 ナスの成長

一番花が咲いた後、いくつかわき芽が出てきます。
一番花より二つ下までのわき芽を残し、それ以下のわき目をすべて摘み取ります。
こうすることで中心の枝が太くなり、実つきがよくなります。

栄養が行き届いているかの判断は、花の様子を見ることで知ることができます。
メシベがオシベより短く色が白っぽかったら栄養不足ですので、追肥を行いましょう。
栄養が行き届いている場合は紫色に 咲きます。

写真の場合は少し白っぽいですね。
追肥を行いましょう。

3 実がなるまで まず花が枯れます。 開花後、約20日で実がなります。 徐々に大きくなって… 立派な実がなりました!

育て方のポイント

土

水はけの良い土を選びましょう。土は放置しておくと酸性になってしまうので、
苦土石灰を撒いて中和させておくと良いでしょう。
お勧めは”野菜がおいしいeco培養土”です。

野菜がおいしいeco培養土
野菜がおいしいeco培養土は有機質成分が長く効き、土を豊かに活性化し、
排水性と保水性に優れた自然熟成培養土です。
手入れ

一番花が咲いたら、すぐ下のわき芽を二つ残して、それより下のわき芽は全部摘み取ります。

実が大きくなる前に支柱を立てましょう。


水遣り

乾燥に弱いので水を切らさないことが大切です。
表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。
乾燥したままにしておくと、葉がしおれてきます。

日光

ナスは高温と日照を好みますので、日当りの良い所で育てましょう。

肥料
植え付け後、一番花に実ができてきたら肥料を与えます。
肥料は液肥なら10日に1回程度、固形肥料なら一握り(20〜30g)を2週間に1回ずつ撒きます。

液肥の場合

花と野菜の液肥の場合、ナスは野菜・プランターに当たるので
500倍に薄めます。

:10Lの水に対して20ml(商品のキャップ半分)を混ぜます。
ちなみに、ペットボトルのキャップは2杯で約15mlです


固形の場合

根元に直接与えると、根に障害が出ることがあるので、
成長に合わせて根元よりも外側へ撒きましょう。
”野菜がおいしいecoボカシ肥料”は追肥にも使えます。

※追肥が必要かどうかは、花の色を参考にすると良いでしょう。花が白い場合は肥料不足を示しています。紫色になると栄養があることを示しています。写真は少し白っぽいので栄養が足りていません。

ナス栽培セット

上手に育てれば長い期間収穫が楽しめる、ナスの栽培セットです!

ナス栽培セット 14L

特徴

培養土、鉢底土、肥料、ポット、ナス接ぎ木苗の全てが揃ったお手軽セットだから、届いたその日にすぐ始められます。

セット内容 野菜がおいしいeco培養土 14 L 1袋
鉢底土 3L 1袋
トマト・ナス・キュウリの肥料 600g  1袋
ナス接ぎ木苗 1株
ユーロポット380(ブラウン)  1個
梱包重量 約15Kg
価格 2,100円 (税込)
商品コード 8105

この商品は完売しました。



ナスの接ぎ木苗


接ぎ木苗とは、違う種類の野菜を苗の時に掛け合わせて強い品種になっている苗を言います。

<接ぎ木苗のメリット>

連作障害に強い

病気や害虫による被害が少ない。
(農薬の使用が少ない)

低温で育ちやすいく、気温の変化に対する影響が少ない。

収穫期間が長く多くの収穫が見込めます。

ナス栽培セットの購入はこちら